俗にいう「不安遺伝子」とは?


俗にいう「不安遺伝子」というものがあります。日本人に多いとされています。

セロトニンという物質、これは神経細胞の末端部から放出され、次の神経細胞に受け取られていきます。余ったものが前の神経細胞に吸い込まれていきます。この吸い込むものを「セロトニントランスポーター」と言い、いわばリサイクルポンプです。これをたくさん持っている人と、中くらいの人と、あまり持っていない人がいます。その数は遺伝子で決まります。

この遺伝子に「S型」というのがあり、これを俗にいう不安遺伝子といいます。
これはセロトニントランスポーターを「少なく作れ」と指令する遺伝子です。
逆に「多く作れ」と指令するのは「L型」で、このSとLの組み合わせ(SSとSLとLL)でセロトニントランスポーターの数が決まってしまいます。

Sを2セット持っているSS型の人は、不安や不公平感を感じやすく、緊張しやすく、危機に直面すると焦ってパニックを起こしやすいようです。
(脳科学者 中野信子氏の発表より抜粋)

 

もし、あなたがこのタイプだったとしたら、

1.自分でできること・・・不安は脳の反応だと理解して、いったん受け止めましょう!誰も悪くないのです。

  受け止めたら切り替えられるように、セルフトークを習慣づけていきましょう!安心を自分で与えましょう。

2.周囲の人ができること・・・この遺伝子を刺激しないように、助長させないように、気をつけましょう。

  マイナスの発言、否定的な言葉はやめましょう。安心できる環境をつくってあげましょう。いつも認める言葉、

  尊重する言葉、安心してもらえる言葉をかけましょう。

3.セロトニンの原料となる「トリプトファン」を摂取するようにしましょう。

  多く含む食べ物は、かつお、くろまぐろ、さんま、チーズ、落花生、ゴマ、パスタ、肉類ではレバー、赤身 1日100g程度

 

決して「こんな自分はダメだ」などと思わず、生まれ持つ性質を認め、受け入れて、じょうずにつき合っていきましょう!

そして、周囲の人も偏見をもたずに、みんな個性はちがいがあり、ちがって当然なんだ、と思ってください。

暑さや寒さを感じる感受性もちがうように、味覚の感受性もみんなちがうように、「怖い」と感じる感受性もみんな程度がちがうんです。ちがっていいんです。

そのちがいを認めて、寛容になりましょう! 柔軟になりましょう!

社会をよくする、社会を平和にする基礎は、この「ちがい」を認め合い尊重し合うところからなのです!