はじめての方へ


カウンセリングとは

★はじめてサイトをご覧になっているあなたへ

数多いサイトの中からようこそお越しいただきましてまことにありがとうございます。

ご家族の悩みですか?ご自身の悩みですか?
あるいはどちらも関係している悩みですか?

当ルームでは、家族のあいだの人間関係にとくに力を入れています。
「あらゆる悩みは対人関係の悩みから起こる」by アルフレッド・アドラー

社会の中で生きることは、相手と自分の人間関係から離れることはできません。
家庭、家族のあいだもそうですし、学校、職場でもそうです。

近年では「関係性の貧困」といって、顔を見て、目と目を合わせて対話をする機会が減り、実態としてのかかわりが大変希薄になっています。

確かにスマホなどにあるアプリの普及の影響によるものが大きいのですが、だから仕方ないというわけにはいきません。
弊害として家族や身近な人との関係性が貧困となり、しかし人間は関係性を求めていますから、こころの矛盾があります。
満たされない思いが「不満」となり社会問題までに発展しているのが現状です。

カウンセリングでは、そうした近距離の人間関係から起こる摩擦、問題、イライラなどそれぞれ各人の課題を解決するお手伝いをさせていただいております。

よく聞かれる質問で「友達や親に相談するのと、どのようにちがうのですか?」「いろいろな人に相談したけどダメだった、どうしていいかわからない」と言われます。
それは、気持ちを聴く、無意識にある気持ちを引き出す、受け止める、共感する、心理を分析する、ほかにもいろいろカウンセリングには豊富な経験による高い技術が必要だからです。
そして、犯人、悪者捜しをしない。誰かのせいにしない。原因を決めつけない。
自分の意見ばかりを押しつけない、結論を強制しない。依存させない。
未来志向で、いまここから何をすればいいか解決のための方法や手段をいっしょに考えます。
専門家でプロではない人が相談にのると、問題をこじれさせてしまうこと(も)あります。

※参考までにこころプラザの「よいカウンセラーとは」をご覧ください

 

いま勇気を出されて、扉を開いたあなた。
一歩前進しようとするそのお気持ちは自らの力です。

自主的な前向きな力、実行力は誰の中にもあります。
フェアリーのカウンセリングでは、その力を引き出すお手伝いをさせていただいております。

毎日、鏡を見て姿を映し出し身支度を整えますね。
でも鏡にはあなたのこころまでは映りません。

しかし他人の目には見えていることもあります。
ときどきは自分のこころをカウンセラーという鏡に一度映し出してみませんか。

初回はお母さんに話を聴いてもらうような、そんな気軽な気持ちで来てくださいね。

子育て中のママさん、子育てに悩んだら、まずあなたのこころを癒しましょう。
フェアリーのカウンセリングでは、ママ自身を愛して守る「お母さんの役割」をします!子育て中でも、育った後でも、その後もあなたの「安全基地」となります。
一度訪ねてみてくださいね。

お父さんのこころも子育てには重要ですよ!
子どもができたらお父さんになれるわけではありませんよ。
父親になるのと「父親をする」のとでは大きなちがいがあります。

お母さん、お父さんの真の愛に包まれて、子どもの人格は良いものへとつくられます。
いつからでも遅くありません!
気づいたら、今ここから!いっしょに歩んでいきましょう。

家族の問題は、第三者である専門家の介入が本当に必要です。
価値を決めるのはあなたですが、試してみる価値はあります!

カウンセリングを受けてみようと思い、インターネットで 検索し いろいろ見て迷いながらやっとここにたどり着いた。
そしてお問合わせお申し込みのメールを送信するまで、たいへん勇気のいることですね。
そのお気持ちよくわかります!
でも、もうあなたはひとりではありません!
勇気出ましたか?

あなたの貴重な時間とお金をかけてご相談に来られるのですから慎重に十分検討されて当然です!
その「自分への投資」を未来の自分のために最大限に生かしてくださいね!

◆◆◆当ルームの≪理念・特徴≫も合わせてご覧くださいね◆◆◆

カウンセリングを受けることに抵抗を感じている方、また「カウンセリングなんか効果ない」と思っていらっしゃる方、抵抗や否定が、もしも認識の違いや誤解であったら、それはたいへんもったいないことだと思うのです。
こころの回復を遅らせてしまったり、問題解決の糸口をつかめないままになってしまったりするのではないでしょうか?
なにもぜずに立ち止まっている時間はもったいないですね。

ここにいくつかのクライアント様からの疑問にお答えしたいと思います。
信頼できると思っていただけたなら、「あなただけの隠れ家」へ、そっとお越しくださいね。

※ご質問はこちらFAQも合わせてご覧ください。

【よくある質問】

カウンセリングとは、ただ話を聴くだけでなにもしてくれない?

確かにカウンセラーのスキル・キャリアによってはただ「聴くだけ」という人もいるでしょう。
しかし十分な傾聴によりクライアント様の痛みを共感し受容することはできます。
それだけで満足するクライアント様もいらっしゃいますが、カウンセラーの腕の見せ所はそこからなのです。
とはいっても上からものを言ったり、すぐ指示を出したりという占い師や教師やコーチではありませんから、すぐに「どうすればいいのですか?」と意見を求める人にとっては、はじめは少し物足りなく感じるかもしれませんね。

それは、クライアント様に自らの「気づき」を得ていただくためなんです。
「なるほど!」と気づいていただけたら、腑に落ちます。納得されます。
すると、解決にも自主性が出ますから、そこから早く前進します!

カウンセラーとの相性も大切です。
自分に合った人を探すと信頼関係も早くでき効果もあがりますね。

カウンセラーに期待し過ぎて不満が残る?

カウンセラーがすぐに「治してくれる。答えを出してくれる。どうすればいいか言ってくれる」と思って相談に来られる方がいらっしゃいます。

カウンセラーは魔法使いではありませんから1回で魔法の粉をふりかけ一瞬にして問題が解決するようなものではありませんね。
それから心理療法にも大きな期待を抱いて来られる方もいらっしゃいます。
療法を知って「なんだ・・・」と思われる方もいらっしゃると思いますが、効果はそれを信じてやってみようという気持ち〝こころ”で決まります。

カウンセラーはクライアント様の真の自立をこころから応援しています。
カウンセラーが依存させるようなことを仕掛けることはいたしません。
しっかりと一人で自立できるようにサポートすることがカウンセラーの役割なのです。
(中には極まれにカウンセラーに依存させてずるずるとカウンセリングをむやみに長く継続させるカウンセラーもいるかもしれません。見極めが肝心です。)

こんな疑問も・・・

結局最後は自分で決めるのだからカウンセラーに聞いても無駄だ?

「どうせ最後は自分でしょ。借金の問題だって代わりにお金返してくれるわけじゃないし」というような考えの方もいらっしゃいます。

人間関係、対人問題でも「嫌な人のそばにいることないわ、さっさと別れればいいのよ」と言って職場を替えたり彼と別れたりしている人もいます。

それも1つの手段ですが、また違う職場で同じように対人関係で問題を起こしたり、誰とつき合ってもうまくいかない人がいます。
この場合、一時的に問題は解決できたように見えますが、実は根本的な 「自分に課題がある」ということに気づいていない場合もあります。

人は自分のことは自分が一番よく知っていると思いながらも、実は自分が認識している自分と他人が認識している自分との認識の違いがあり、それを知らない人が多いのです。

それは自分自身の嫌な部分を認めたくない思いから起こります。
見たくないのです。その気持ちもよくわかります。

しかし、自分を外側から客観的に見ることは今後の人生にたいへん役立つことだと思います。
あなたは本当の自分を認識していますか?

自分自身でより良い決断をくだすためにも心理カウンセリングはとても効果があると思います。

※ほかのご質問はFAQをご覧ください。
一歩踏み出してみる勇気が出ましたら、こちらへ(^^)/