ご相談内容


ご自身と家族

ご自身やご家族のこと、深刻な問題はもちろん、どんなに些細なお悩みでも大きさに関係なく、安心して打ち明けてください。
お引き受けさせていただきます。

当ルームでは、おもに家族との人間関係、または家族に近い身近な人との人間関係のもつれによるストレス、不満、怒り、落ち込み、孤立、孤独を改善したい、というご相談を承っております。

当ルームは決して聴くだけのカウンセリングではありません。
あるいは一方的なアドバイスだけでもありません。
ソリューション・フォーカスト・アプローチ
解決のための面接と支援、トレーニングをさせていただきます。
理念・特徴】はこちらから。

たとえば、夫婦関係を修復したい、親子関係を修復したい、わかり合えない、互いにすれ違ってしまった気持ちを修復したい、したいのにできない、方法がわからない、理由がわからない、いつからこうなってしまったのか、どうして、相手はそうなのか、なぜ、私は苦しいのか、つらいのか、そうした疑問に納得するまでお応えさせていただきます。

解決を目的にした場合、どんな方法があるのか、いくつあるのか、動かせないことは何か、動かせることは何か、どうにかなるものとならないもの、人間とは何か、脳のシステム、健康にはなにが良いのか、なにがよくないのか、生きるとは何か、生まれて来たわけは? 人生とは、幸福とは、など、疑問のすべてにお答えさせていただきます。

そして、あなたが『なりたい自分』になるための支援サポートができるところです!
相手をどうにかすることはできないけれど、自分を変えることはできます。
自分が変われば、相手に変化が起こることもあります。

よく耳にするのは、本に書いてあるように『楽しいことをやりましょう』とか『良かったことをノートに書いてみましょう』と言われて、クライアントさんは『そんなのわかっている!でも、それができないから相談しに来ているのよ!』そういう声があります。 

そこで、当ルームでは、潜在意識に語り掛ける自己暗示、セルフトークでセルフコントロールする方法をおこなっております。もちろん、すべての人に当てはまるわけではありませんが、継続すれば変化は感じられます。効果もあります。
試してみる価値はあります。

対人関係(人とのかかわりの中で起こる悩み)

他者とのかかわりの悩み、問題は、実は自分自身とのかかわりの課題だった!

  • あの人が言うから気分が沈み、なにもやる気が起こらない。
  • あの人のあの言葉で不安が募り不安で仕方がない。
  • 人にも何事にも興味・関心が起きない。
  • 親に言われても、ぼーっとしてもの想いにふけることが多く何も片付かない。
  • 二人の関係をいくら考えても考えがまとまらず、混乱してしまう。
  • みんなから離れていく気がする。孤独感に陥ることがよくある。
  • 人から批判されて、自分のしたことに自信がもてない。
  • 人に嫌なことを言ってしまって、自己嫌悪に陥ることがよくある。
  • 他人をすぐ疑う、信用できない。気持ちを詮索してしまう。
  • 過去の出来事(嫌なことをされた)を思い出しては辛くなる。くよくよする。
  • 誰もなにも言っていないのに、未来のことが悪くなるような気がしてならない。
  • 何か言われて悪い妄想がどんどん大きくなって押しつぶされそうだ。
  • あの人がいると感情(喜怒哀楽)の起伏が激しい。(怒り・憎しみが強い)
  • 周囲の人から自分がどう思われているか気になって気になって仕方がない。
  • ほかの人とすぐに比べてしまい、自分は無力、ダメ人間だと思い落ち込んでしまう。
  • まわりから空気が読めない、気が利かない、配慮がないと言われている。
  • 頑張っているのに他人から「怠けている、努力が足りない」と言われてしまう。
  • 周囲の人がなぜか自分だけに酷い(ののしり、脅し)ことをよく言う。
  • 重要な仕事を任せてくれない。存在価値を認めてもらえていない気がする。
  • 他人が私の言うことを聴いてくれない。軽くあしらわれる気がする。
  • 自分の思い通りに人を動かしたい。
  • まわりに嫌な人が多くいる。 

ケーススタディも参考にご覧ください。

お申し込みはこちら

変わりたいのに変われない自分

なりたい自分になるためのサポートです。
自分に向き合うとは=自分の中の自己矛盾と向き合うことなのです!

  • まわりの人、物、出来事に腹が立って仕方がない。怒りたくないのに怒ってしまう。
    これを変えたい。
  • 過去にされたことへの怒り憎しみが忘れたいのに忘れられない。
    これを変えたい。
  • 人をすぐバカにしてしまう。見下してしまう自分がたまらなく嫌になる。
    これを変えたい。
  • すべて論理的、合理的でないことは信じられない、情などで判断することができない。
    これを変えたい。
  • つねに人より優れていないと不安でたまらないから頑張りすぎて疲れる。
    これを変えたい。
  • 自分の弱いところ、情けないところを見せられない、かわいくなれない。
    これを変えたい。
  • 人をこころから好きになりたい、愛したいのに愛せない。
    これを変えたい。
  • 愛されたいのに愛されない。いつも振られる。嫌われる。嫌われる理由がわからない。
    これを変えたい。
  • 結婚したいのに結婚する勇気がでない。結婚が怖い。
    これを変えたい。
  • 転職したいのにできない。動く自信がない。不安が強い。
    これを変えたい。
  • 離婚したいのに離婚できない。したあと後悔するのではないかと不安。
    これを変えたい。
  • やりたいことが見つからない。自分自身なにがやりたいのかわからない。
    これを変えたい。
  • 苦しいと何かに依存してしまう自分が嫌だ。(酒、タバコ、ギャンブル、異性)
    これを変えたい。

このように「〇〇したい・・・」「だけど、できない」「でも、できない」「のにできない」など、自分で自分の気持ちをくつがえすことは、自分の中に大きな矛盾を抱え込むことになります。この自己矛盾が苦悩のもとになるのです。
当ルームでは、なりたい自分にブレーキをかける自分、それをいっしょに探します。
前へ進みたい自分の足を引っ張る自分を見つけて、その自分に自分の言葉で言い聞かせをします。試してみましょう。

ケーススタディも参考にご覧ください。

お申し込みはこちら